忍者ブログ
56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【泣いて馬謖を斬る】
(ないてばしょくをきる)

故事成語。

三国志に登場する武将、馬謖(ばしょく)は、諸葛孔明の愛弟子であった。
街亭の戦いにおいて、馬謖は、諸葛亮の指示に背き、独断の布陣を敷き、大敗する。
その責任を取らせるため、軍律にのっとり、諸葛亮は馬謖を処刑(斬首)した。

このとき諸葛亮が涙を流していたことから生まれた言葉。

日本語では、
「どんな優秀な者であっても、私情で法や規律を曲げて、責任を不問にすることは、許されない」
という意味で使われる。

なお、このとき泣いていた諸葛亮は、何故泣いているのかと問われて、
馬謖のために泣いているのではなく、故君主・劉備が、「馬謖を重く用いてはならない」と言い残していたにもかかわらず、彼を用いた自分を嘆いているのだ、と答えたという逸話がある。

 

 

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS