忍者ブログ
データベース検索用にご活用ください
【Theia】

ギリシャ神話、
ティターンの十二柱のひとり。

ヒュペリオンの妻で、
ヘリオス、セレーネ、エオスの母。


もう少し詳しくはこちら

PR

ギリシャ神話の水の女神のひとり。
オケアノスの娘(オケアニス)のひとり。



オケアノス参照

ギリシャ神話の水の女神のひとり、
オケアノスの娘(オケアニス)のひとり。



オケアノス参照

【Rea】

ティターン十二柱のひとりの、大地の女神。

子どもにヘスティア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドン、ゼウスなどがある。

ローマ神話の大地の女神、キュベレと同一視される。


土星第五衛星の名前の由来。土星の衛星の中で二番目に大きい。


もう少し詳しくはこちら

ローマ神話の、健康の女神。

ギリシャ神話のヒュギエイアと同一視される。

もう少し詳しくはこちら
ローマ神話の、夜の女神。

ギリシャ神話のニュクスと同一視される。

もう少し詳しくはこちら
【hygieia】

ギリシャ神話の健康や衛生の女神。
名前はギリシャ語で「健康」の意味。

医術の祖アポロンの息子、医学の神アスクレピオスの娘。
父の脇に控え、一匹の蛇を従え、壺(または杯)を持った女性で描かれる。

ヒュギエイアが持つ杯に蛇が絡まったものをモチーフ化したもの「ヒュギエイアの杯」は、薬学のシンボルとして用いられることが多い。

女性の神であることから、婦人病などの神とされることも多い。


もう少し詳しくはこちら
【Nyx】

ギリシャ神話に登場する夜の女神。
名前はギリシャ語で「夜」の意味。

原始神カオスが単神で生んだ子どもとされる。

兄であるエレボスとの間にヘメラ、アイテル、カロンがいる。
ほかにも単体で多くの子どもがいるが、ほとんどが概念の神格化。

ニュクスと、子どものヘメラ(昼の女神)は表裏一体と考えられている。

ふたりは、世界の西の果ての地下にある館にともに住んでいるが、ヘメラが世界を回っている間は昼、ニュクスが世界を回っている間は夜なので、ふたりが顔を合わせるのは、昼と夜の境の一瞬だと言われている。


もう少し詳しくはこちら
【Erebos】

ギリシャ神話の幽冥の神。暗黒神。闇の神など。

原始神カオスの子ども。
母はなし。

妻は、妹のニュクス(夜の女神)
子どもはヘメラ(昼の女神)、アイテル(光明の神)、カロン(冥界の河の渡し守)


もう少し詳しくはこちら

【Chaos】

ギリシャ神話に登場する原始神。

名前はケイオスとも。

カオスとは「大口を開けた」「空っぽの空間」という意味。
カオスは「場」であり、他の原始神の親ではない。
他の原始神とはガイア(大地)、タルタロス(奈落)、エロス(原愛)。

子どもとされるのは幽冥・暗黒の神エレボスと、夜の女神ニュクス。

さらに詳しくはこちら
 HOME | 1  2  3  4  5  6 
忍者ブログ [PR]