忍者ブログ
データベース検索用にご活用ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【Maat】

古代エジプトの概念で、

真理、秩序、宇宙の調和、といったことをあらわす。

マアト神は太陽神ラーの娘で、頭の上に羽のある女性で描かれる。
冥界の入り口でオシリス神は、死者の心臓と、マアト神の羽を天秤にかけ、生前の行いの善悪を審判している。





PR
【Ea】

バビロニアの水の神。

半人半魚の姿をしている。
宇宙と社会の規則を管理し、天地創造にも関与した。

母は天の神アヌ、
妻は豊穣の女神ダルガルヌンナ、
息子はマルドゥク。

シュメール神話のエンキに相当。





【Grangach】

オーストラリア・アボリジニに伝わる、川と海の精霊。
夜は水の底で眠り、昼は岸で日光浴などして過ごすという。

大きな前脚と小さな後ろ足を持った、ワニのような身体。
鋭い牙を持つ。
「魚の王」と呼ばれたり、祖先の霊として敬まわれたりする。
眼は金色をしている。





【Ipiria】

オーストラリア・アボリジニに伝わる、雨を呼ぶ精霊。
ふだんは沼の底に眠っており、一年に一度、岸に上がり、草と水をたっぷり食べ、それを空高く吹き上げる。
それが雨雲となり、雨季をもたらす。
イピリアの咆哮は雷鳴となる。
そしてイピリアは再び沼の底で一年眠るという。

イピリアが住んでいるとされるヌマリカ沼は聖域で、人が立ち入ると乾季が終わらないと言われたり、
また沼の水を飲んだものは、死を持って償うなどの信仰があった。

巨大なトカゲの姿をしており、全身が七色に輝いているという。




【マギ・マギー】

イエス・キリストが生まれたとき、大きな星が現れ、その星に従った三博士が、イエスを見つけたといわれる。
東方から来たことから東方三博士とも言われる。

三人は賢者、あるいは天文学者と言われる。
それぞれ、

メルキオール 【 Melchior 】 青年の姿の賢者で王権の象徴、
バルタザール 【 Balthasar 】 壮年の姿の賢者で神性の象徴、
カスパール 【 Casper 】 老人の姿の賢者で死の象徴、

とされる。

三博士がキリストの元を訪れたのが1月6日とされている。



【Kerberos】
三つの頭をもつ犬。
尻尾とたてがみは蛇ということも。
唾液は有毒で、ケルベロスの唾液からトリカブトができた、という神話もある。

ギリシャ神話のはじまりともいえる『神統記』には、50の首の怪物となっている。

地獄の番犬、ハデスの忠犬など。

ヘラクレスの12の功業にも登場するが、ケルベロスはヘラクレスに倒されたわけではない。









【Chimera】
キメラ、キマエラ、などとも読む。

ギリシャ神話に登場する、
ライオンの頭にヤギの胴体、尻尾は蛇の怪物。
顔が複数ある場合もある。
多く、火を吹くとされている。

ディポンとエキドナの生んだ怪物のひとつ。
キマイラは「娘」である。

コリントスの英雄ベレロポンテースに倒された。
(ベレロポンテースはまたは、ベレロポン、あるいはヒッポノオス)






 

ゾロアスター教の、アムシャ・スプランタのひとり。

スプランタ・マンユによって創造された家畜の神。
また、善悪の分別を司り、裁きを下す神。

名前は「善い思考」の意。




ゾロアスター教の、アムシャ・スプランタのひとり。

スプランタ・マンユによって創造された火の神。
または正義の神。

名前は「最善なる天則」の意。





ゾロアスター教の、アムシャ・スプランタのひとり。

スプランタ・マンユによって創造された大地の神。
女神。なので、大地母神。

名は「善の献身」の意。





 HOME | 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
忍者ブログ [PR]