忍者ブログ
1 2 3 4 5 6
【Libra】

トレミー48星座のひとつ。
黄道十二星座の七番目。

正義の女神アストライアの持つ天秤とされる
星座としては、
となりのさそり座の爪が独立したものである


さらに詳しくはこちら

PR
【Eridanus】

トレミー48星座のひとつ


南天の星座
一等星アケルナルがあるが、日本では沖縄や九州南部からでないと観測できない。


太陽神ヘリオスの息子パエトンは、父の天を翔る馬車を借りたが、天の馬車を御する技量がなく、馬車は暴走してしまう。
暴走を止めるため、大神ゼウスが落とした雷に打たれ、エリダヌス川に落ちて死んだという。


さらに詳しくはこちら


【Pisces】

トレミー48星座のひとつ。
黄道十二星座のひとつ。

ナイル川沿いで神々が宴会を開いていたとき、怪物テュポーンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げ出した。
そのとき女神アフロディーテとその息子エロスは、魚に変身して川へ飛んだ。
離れないように互いの体をひもで結んだ姿と言われる。

さらに詳しくはこちら





【Sextans】

ヘベリウスが設定した星座。

新しい星座なので神話はない。

六分儀とは天体観測や航海の際に用いられる測量器具。


さらに詳しくはこちら




【Andromeda】

トレミー48星座のひとつ。

秋を代表する星座で、秋の四辺形の一部。

古代エチオピアのケフェウス王と王妃カシオペアの娘、アンドロメダ姫。
海の怪物の生贄にされるため、岩に縛り付けられている姿。
英雄ペルセウスに救い出される。


さらに詳しくはこちら




【Antlia】

フランスの天文学者ラカイユが設定した星座。
科学道具シリーズのひとつ。

ポンプとは科学実験に使われていた真空ポンプのこと。


さらに詳しくはこちら




【Corona Borealis】

トレミー48星座のひとつ。

似た名前の「南のかんむり座」があることから、
「北のかんむり座」とも言われる。

ギリシャ神話の酒の神ディオニュソスが、クレタ島王女アリアドネを妻にするときに贈った冠。


さらに詳しくはこちら




【Capricornus】

トレミー48星座のひとつ。
黄道十二星座のひとつ。

ナイル川沿いで神々が宴会を開いていたとき、怪物テュポーンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げ出した。そのとき牧神パーン(ヤギのような角を持っている。アイギパーンとも)が、慌ててナイル川に飛び込み下半身だけ魚になった姿と言われる。

さらに詳しくはこちら






【Delphinus】

トレミー48星座のひとつ。
天の川・わし座の近くにある。

4つの星が菱形に並んでいるので、菱星と呼ばれたり、
織姫の投げた梭または杼(ひ。機織りで横糸を通すために使う道具)に見立てられ、梭星または杼星と呼ばれる。

また、ヨブの棺ともいわれる。(旧約聖書に登場するヨブ)

さらに詳しくはこちら




【Sagitta】

トレミー48星座のひとつ。

全天でみなみじゅうじ座、こうま座についで3番目に小さい。

小さいが、古くからある星座のひとつ

エロスの矢や、アポロンの矢など、
いくつかの神話がある。

さらに詳しくはこちら