忍者ブログ
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【Tsih】

カシオペア座γ星

爆発変光星の代表的な星。
星の赤道の周りに、ガスリングを作ったり、消滅させたりしていて、地球からは明るさが変わるように見える。

ツィーは1.6等星~3.0等星の範囲を変光する。

椅子に腰掛けるカシオペアの腰に位置する星。




PR
カシオペア座υ1星

固有の名称は特になし

名も無き星とはまさにこんな感じでしょうか。
小さな星ですので見つけるのは困難です。

現在の日本では「カシオペア」という名称でほぼ統一されていますが(教科書など)、英語のCassiopeiaから、カッシオペイア、と呼称・表記されることもあります。
カシオペアはギリシア神話に登場するエチオピアの王妃で、アンドロメダの母親です。
娘の美しさを自慢しすぎてポセイドンの怒りに触れ、椅子に座ったまま地上に降りることを許されず、北の空を一年中回っていると言われています。


カシオペア座η星

固有の名称は特になし

エータ星はカシオペア座の『W』を作るアルファ星とガンマ星の間あたりにある。
オレンジ色の4等星と、バイオレットの7.5等星の連星である。


アンドロメダ座ζ星

固有の名称は特になし

ゼータ星はアンドロメダの左腕の星。
5.1等星で、肉眼で確認するのは困難な小さな星です。


【Deneb Kaitos】

くじら座β星

二等星で、変光星ミラが極大を迎えるとき以外は、くじら座で最も明るい。
デネブは『尾』、カイトスは『鯨』
同じ意味でくじら座ι星も同じ名で呼ばれるので、区別のために、別名「ディフダ」(Diphda)アラビア語で『蛙』とも呼ばれる。
通常デネブ・カイトスといえば、くじら座β星を指す。
くじらの南の尾の星。


【くじら座の神話】

ギリシャ神話最大のロマンス、生贄となったアンドロメダと、それを救ったペルセウス。

岩にくくりつけられたアンドロメダを襲った海獣ティアマトはペルセウスに退治されてしまいます。
が、ティアマトは海神ポセイドンの使者でその命によりアンドロメダを襲っただけ。
それで退治されてしまったのだから、ゼウスが哀れに思い天に上げたのが、くじら座です。

【Carina】

一等星カノープスを初めとする、南半球の代表的な星座。
日本からは端が見えるだけ。

もとは巨大星座アルゴ座の一部だったが、ニコラ・ルイ・ド・ラカーユの分割により、現在の形になった。


【Canopus】

りゅうこつ座のα星。

りゅうこつ座で一番の明るさの一等星。
またシリウスに次いで全天で二番目に明るい。

名前は、ホメロスの叙事詩において、トロイア戦争の際スパルタ王メネラオスが率いた艦隊の、水先案内人長カノプスに由来する。
カノプスが死んだアレクサンドリア付近で、地平線近くで南中するこの星にその名がつけられた。

日本からは、地平線近くにしか昇らないため、非常に観測しにくい。
同様に中国でも見えにくいことから、南極老人星と呼ばれ、見たものは長寿になるという伝説がある。
寿老人(七福神のひとり)の星とされる。

インド名ではアガスティーア(Agastia)
インド神話ヴァルナの子アガスティヤ(リグ・ヴェーダなどに登場)に由来か。



【Miaplacidus】

りゅうこつ座のβ星。

りゅうこつ座で二番目の明るさの二等星。

水の複数形を意味するアラビア語、ミアー(Mi'ah)と、「静かな」という意味のラテン語プラキドゥス(Placidus)を合成してできた名前。


【Avior】

りゅうこつ座ε星。

りゅうこつ座で三番目の明るさの二等星。
2.4等の主星(橙)と、3.1等の伴星(青)の実視連星。

南十字星と間違われやすい四星、「ニセ十字(false cross)」のひとつ。

歴史的、神話的名ではなく、イギリス空軍が1930年に命名した星。
名前の意味は不明。

【Aspidiske】

りゅうこつ座ι星。

りゅうこつ座で四番目の明るさの二等星。
絶対等級は-4.46。

地球の歳差運動により、西暦8100年ごろに南極星になると予想されている。

南十字星と間違われやすい四星、「ニセ十字(false cross)」のひとつ。

名はギリシャ語の盾。
古代ローマ時代に設定されていた盾の星座の名残とされている。