忍者ブログ
データベース検索用にご活用ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ギリシャ神話に登場する、美少年。


とある罰を受けて、自分では喋れず、人の言ったことだけを繰り返すことの出来た森の妖精エコーが、
美少年ナルキッソスに恋をした。
けれど自分の言うことを繰り返すだけのエコーを、ナルキッソスは退屈だと思い、見捨ててしまう。
悲しみのあまりエコーの姿は消え、声だけが残ったという。

これを見た復讐の神メネシスが、そんな自分勝手なやつには他人を愛する資格などない、と、
ナルキッソスを他人を愛せず、自分だけを愛するようにしてしまう。

そんなナルキッソスは、あるとき、水辺で美しい少年に出会い人目で恋に落ちてる。
それは、水に映った自分の姿。
ナルキッソスはその水辺から離れることができず、そこでやせ細って死んでしまう。
彼が死んだ後、そこには水仙の花が咲いていたという。

ヨーロッパでは水仙のことを「ナルシス」という。
ナルシストの語源もこの神話。




PR
 HOME | 117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  186 
忍者ブログ [PR]