忍者ブログ
データベース検索用にご活用ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【Michael】
ほぼ最高位の天使。
四大天使のひとり。

カトリックにおいて、ミカエルは神に次ぐ地位で、彼より偉大な天使は存在せず、天使崇拝の対象。
その他キリスト教全般および、ユダヤ教はイスラム教においても、最も高位の天使の一人。
(イスラム教の聖典コーランの中では、ガブリエルに次ぐ二位)

力天使の長であり、大天使の長であり、
七人の神の前の天使の長でもある。
また、天使の軍隊の長。

その姿はよく、鎧をまとい、手には武器を持っている。
サタンの軍隊と戦う天使とされているからだ。
戦いで勝利したのはミカエルのおかげだという伝承は数多い。

また、死者の魂を冥界に導く役割もある。
マリアに死を伝えに行った天使。
煉獄の門番という役割もある。

堕天使で有名なルシファー(天使のときはルシフェル)は、ミカエルと双子という説もある。
その場合はミカエルが弟。

フランスの世界遺産サン・モン・ミシェルの聖堂は、ミカエルが建てるよう指示したものだと伝えられ、天使が降りた場所と言われている。

ミカエルの宝石はトパーズ。

生命の木の10のセフィロトひとつ、第六のセフィラ、ティファレトを守る天使。

 

 

PR

【Metatron】
ユダヤ教に登場する天使。

「神の代理人」
荒野のイスラエルの十二支部族を導きヤコブと対決した暗黒天使。

イサクをいけにえにしようとしたアブラハムを止めた天使。

「顔の天使長」
神の顔を見ることができる高位の天使であるという意。
玉座に使える天使といわれる。

「天界の書記」
預言者エノクが天使になった姿とも言われている。
エノクが書記であったことから、
天界と地上のすべてを書き記した。

生命の木の10のセフィロトのひとつ、
第一のセフィラ・ケテルを守る天使。

 

 

【Mephistopheles】
デーモン・悪魔
地獄の七大王子の一人。

ゲーテの『ファウスト』という、
ファウスト博士がメフィストを召還する話は有名。

 

 

【Raguel】
天使。

名は『神の友人』の意で、
ほかの天使たちの行いを監督する役目がある。

裁きを待つ罪人のいる第二の天国の守護天使。
大地の天使。
死者を天国に運ぶ仕事をする、とされることもある。

 

 

【Raziel】
神秘の天使。

最も有名なのは、神の知恵と世界の鍵を解読する秘密が記された、『天使ラジエルの書』の作者だと言われていること。
ラジエルの名は『神の秘密』の意で、
宇宙の神秘を守る役割を担う。

『ラジエルの書』は、神から命じられたラジエルが、アダムに渡したが、ほかの天使も知らない秘密が書かれていたので、嫉妬した天使たちが、この本を海に捨てた。

座天使の長。
生命の木の10のセフィロトのひとつ、第二のセフィラ、コクマを守る大天使。

 

 

【Rahab】
破壊と死の天使。

要するに悪魔なのだが、もともと聖書には明確に「悪魔」という記述はないので、彼らは全部「天使」である。

暴力的で傲慢なラハブは、けれど、原始の海を支配しており、
海の魔術の呪文には彼の名が含まれている。
つまり海の守り神として、聖なる存在なのだ。
彼の聖なる名を唱えると、海の魔よけをしてくれる。

また、神が人間に与えた『ラジエルの書』を、
ほかの天使が海に捨てたとき、
ラハブはこれを拾ったとされている。

 

 

【Raphael】
天使。

「ラファ」は医者の意味があり、ラファエルは「神の薬」とも言われる。
よって、医者のシンボルとして使われるヘビと重ねられる。

神の前に立つ天使のひとり。
熾天使、智天使、主天使、能天使のどれにも当てはめられる。
旅と安全の天使ともいわれる。
大地を癒す、生命の木の10のセフィロトのひとり。

また、ラファエルが現れて怪我や病を治したとされるエピソードは多く、彼が現れると、甘い香りがするのだという。

 



【Ramiel】
天使。

神の前に立つ七人の天使のひとり。
ためし意を審判に導く五人の天使のひとり。
また黙示録の天使でもある。

レミエルは、同一視されることもある。

 

 

【Lucifer】
天使。
よく、サタンと同一視されるが、違う。
堕天使、または悪魔とされるのは、
『失楽園』の主人公として、そのように描かれたから。

元は、十二枚羽の最も地位の高い天使。
名前は「暁の子」、「光の運び手」、
または「炎の運び手」という意。

 

 

【Leviathan】
天使とも、デーモンとも。

海のデーモンであることが多い。
無敵の巨大なクジラであったり、海の竜、あるいは海の蛇であったりする。

「審判の日」に罪人の魂を飲み込む、とされている。
「最後の日」に神の手で殺される。
誕生は「第五の日」

 

 

 HOME | 1  2  3 
忍者ブログ [PR]